本文へスキップ

石原工芸株式会社はを新たなパッケージを提案します。

TEL. 0829-38-0226

〒738-0026 広島県廿日市市上平良1399

会社概要COMPANY

社名
石原工芸株式会社
代表者
石原 弘善
会社所在地
〒738-0026
広島県廿日市市上平良1399
→アクセス
TEL. 0829-38-0226
FAX. 0829-38-0228
資本金
3,000万円
設立
1968年
従業員数
27名(16年4月現在)
役員
取締役会長 石原 治朗
取締役社長 石原 弘善
取引銀行
もみじ銀行、広島銀行、伊予銀行
工場内見学

会社沿革

2017年
50期を迎えました。
2013年
46期 「トライアスロン」にチームで出場。
2012年
45期 「トライアスロン」にチームで出場。
2011年
3/11 東日本大震災発生 微力ながら間仕切り支援。
2006年
大型プリスロ・ダイカッター(印刷・打ち抜き)PS-32導入。
2003年
CAD/CAMを導入。設計・デザイン部門発足。
2001年
代表取締役会長 石原治朗 社長 石原弘善
1995年
縫製部門撤退。大型プリスロ・ダイカッター(印刷・打ち抜き)PS-22導入。
1990年
バブル崩壊。
1981年
印刷機PS-80導入。
1980年
ホルダー・グルアー導入。
1972年
印刷機PS-2導入。
1968年
2月15日 法人化 代表取締役社長 石原治朗
1965年
9月 小さな町工場として創業

石原工芸の歴史


昭和四十三年に小さな町工場として創業


石原工芸は、昭和43年に現会長の石原治朗が地元のマルニ木工の
椅子の縫製加工を手がける小さな町工場として創業しました。

徐々に、ダンボール製造へとシフトしながら規模を拡大してきました。


下請け仕事からの脱却を目指して


平成7年大型プリスロ・ダイカッター(印刷・打ち抜き)の購入でより良い商品を作る体制が整いました。

しかし当時は9割以上が下請仕事の状況にあり、将来を考えた時、これ以上の成長はないと判断しお客様との直接取引きを模索する日々が続きました。

いろいろな方々のご協力のお陰で、平成12年地元の最大大手の建材メーカー「株式会社ウッドワン」(旧住建産業)様との直接契約をすることができました。

その事により、お客様により身近なところで、ご要望に応えることが出来るようになり受注も次第に増えてきました。


自社販売率アップで経営の安定化を図る


直接取引き開始で自社販売率が7%から70%へと上昇し経営の安定化が図れるようになりました。

平成15年7月、デザイン処理加工が可能なCAD/CAM・インクジェットを導入。

それにより、今までの型にはまった考え方から自由な発想へと変わりました。



お客様に喜んでいただける商品を目指して


これから活路を見い出すためには、
より良い梱包のお手伝いの出来る企業に成る事が大きな課題です。

また、ダンボールの素材を生かした商品を開発し
新たな市場を自らが開拓して行きたいとも考えています。

いろいろな人の声をお聞きし、市場とニーズにいかにマッチさせるか模索中です。

これからも、お客様に喜ばれ、環境にもやさしい商品を目指して頑張って行きます。


バナースペース

石原工芸株式会社

〒738-0026
広島県廿日市市上平良1399

TEL 0829-38-0226
FAX 0829-38-0228

http://wannyanclub.com/sp/indexsp.html
スマートフォン版