本文へスキップ

石原工芸株式会社はを新たなパッケージを提案します。

TEL. 0829-38-0226

〒738-0026 広島県廿日市市上平良1399

製品紹介PRODUCTS

災害時等避難所向け簡易ベッド


簡易ベッド
定価(税抜き)  ¥ *****円(送料着払い)
  ※価格はお問い合わせ下さい。

<特徴>
●環境にやさしいエコ商品です。
●災害時等の避難所でのプライバシー確保等に!
●組み立ても簡単です。
●単独でも間仕切りとセットでも設置可能です。
●緊急用の為、運搬容量の削減と簡単組み立て優先で製作しておりますので
 ベッドの上に立つと危険ですので十分ご注意下さい。
1
<組み立て説明書を見る> 
<カラー>
◆茶ダンボール色
<サイズ>
●組み立て寸法(mm)
 ベッドサイズ:
  約1950角×幅980x高さ430
●梱包サイズ
  1150x330x520 約12kg
※数値は近似値です。
<内容品>
●本体一式・説明書・固定・補修用ガムテープ
単品でもベッドとセットでもご使用可能な簡易間仕切りもご用意できます。

東日本大震災では長引く避難所生活でエコノミークラス症候群などの健康被害が問題化しました。

最悪の場合死亡に繋がる危険性も指摘される中、その解決策として段ボール製簡易ベッドが注目されています。

避難所では多くの場合、床面に雑魚寝状態で生活する状態が続きますが、このような状態が続くと、立ち上がることが億劫になり、動かなくなることによる歩行 機能低下と下肢血栓リスク、不眠による血圧上昇、床面の粉じん吸入による咳や呼吸機能低化、心身のストレスなどが生じます。

床面からの高さがある簡易ベッドは、立ち上がりやすさとともに床面からの粉じん対策にも有効です。

実際、東日本大震災でのベッド使用者によるアンケートでは、

 @体が楽になった。
 A立ち上がりやすくなった。
 Bよく寝れるようになった。
 C気持ちが楽になった。
 D鼻水や咳が減った。
 E布団の湿気が減った。

といった回答が寄せられていました。

緊急時、被災地周辺の近隣段ボール工場が協力することで、いち早く供給できる点も段ボールの強みです。

熊本地震でも問題になっていますので避難所の備蓄品としての検討も必要かもしれません。弊社も少しでも役に立てる様、準備していきたいと思っております。

商品につきましてはお気軽にお問い合わせ下さい。


バナースペース

石原工芸株式会社

〒738-0026
広島県廿日市市上平良1399

TEL 0829-38-0226
FAX 0829-38-0228